稽古・指導内容

「剣道の経験が無いと居合道は始められませんか?」・・・いいえ、そんなことはありません。
「高齢なので稽古についていけるでしょうか?」・・・大丈夫です。
ご高齢になってから始められる方は、沢山いらっしゃいます。

居合道の稽古は、思いついた時、始めたい時にご入会ください。
無双直伝英信流の業前(わざまえ)を中心に、全日本居合道連盟の形5本を懇切丁寧に指導していきます。
老若男女に関係なくお待ちしております。  

新規加入した会員のメッセージ

60代男性
剣道を20数年間続けていますが、竹刀での打ち合いとは別に、真剣での 緊迫感や間合いを実感したくて、一刀流や居合い、古流が学べるところがないか捜していました。私には鎌倉という場所も大事でした。 門をたたくという事は、勇気がいる事で、検索WEBサイトに上がってくるページを見ても敷居が高く思えて、中々連絡することが出来ないでいました。
そんな時、あるサイトを見ると、色々な人が思い思いに居合いを始めているところがあり、雰囲気も和やかな感じがして、見学の連絡をすることが出来ました。 そのサイトが鎌倉慧剣会です。それから約一年が経過し、現在は初段を戴くまでになりました。 鎌倉慧剣会では、各方面の人たちが、思い思いに居合いを楽しんでいます。 無双直伝英信流という流派で、今では指導してくださる先生方と、一緒に学ぶ仲間と共に、技の習得に頑張る時間が、かけがえのない時間になっています。 剣道は相手が目の前にいますが、居合いは目の前に相手はいません。想像力を働かせ、相手の動きを頭(心?)の中でイメージして、相手をつくり、無双直伝英信流の技を出します。これは本当に難しいです。
30代女性
スポーツの経験がほとんどなく、はるか昔に卒業した学校の体育の成績はとても人には言えないような惨憺たるものでしたが、日本文化の結晶のひとつに触れてみたい、という知的好奇心に背中を押されて入門させていただきました。 身体面においては、激しい運動はなく、先生方の優しいご指導のもとどうにかついていくことができております。あまりの運動音痴ゆえに、組手などがあるとどうしても相手に迷惑をかけてしまいそうで気後れしていましたが、居合はそういった心配もないため安心して打ち込むことができます。ゆっくりとした動きで刀をきちんと型の通りに扱えるよう、何度も練習を重ねていると、お稽古が終わった頃にはほどよく汗をかき、体幹や足腰に心地よい疲労感が残ります。疲れているはずなのに全身がリフレッシュしていて、お稽古前よりも背筋を伸ばして歩きたくなる気持ちになります。 精神面においては、自分でも変わったなと感じるのは、日常生活で所作を意識したり、あるいは仕事などでつらいことなどがあっても、型の練習などして体を動かすことで、今までより気分のスイッチの切り替えが楽になったことです。また、「一度終わったと思ったことに対して最後まで気を抜かず用心の心を残す」など、技の中にも日常の生活に通じる術を感じることがあり、居合の型は生き「型」でもあるのではないか、そう感じることが増えております。

稽古風景

(サムネイル画像をクリックすると拡大画像を表示します)

2018鶴岡八幡宮奉納演武1
2018鶴岡八幡宮奉納演武2
2018鶴岡八幡宮奉納演武3
2018鶴岡八幡宮奉納演武4
2018鶴岡八幡宮奉納演武5
2018鶴岡八幡宮奉納演武6
2018鶴岡八幡宮奉納演武7
2018鶴岡八幡宮奉納演武8
2018鶴岡八幡宮奉納演武9
2018鶴岡八幡宮奉納演武10
2018鶴岡八幡宮奉納演武11
刀を鑑賞
刀を鑑賞
稽古風景1
稽古風景2
稽古風景3
稽古風景4
稽古風景5
稽古風景6
稽古風景7

ページのトップに戻る